カテゴリの最新記事

【イカ焼き備忘録】1-1.Unityのインストール

さて、Unityでゲームを作ることを目的としているので、何はともあれUnityをインストールしなければ始まりません。
とりあえずUnityをダウンロードしてインストールしましょう。

https://unity3d.com/jp/get-unity/download

いくつかエディションがありますが、ここでは無料で使えるPersonalエディションを使用しましょう。
$100,000USD未満の売り上げ範囲内でしか自由に使えない制限がありますが、”イカを焼く”がそこまでの売り上げを出せるわけがないので実質無制限です。
……出せたら嬉しいですね。

Unityのインストール(記事作成時ver_2017.1.1f1)

記事を書くのに新しくUnityをインストールしてきました。
Verは2017.1.1f1のようです。
ちなみに”イカを焼く”はUnity5.6.1f1で作成しています。

規約などを読んでいき、インストールを進めていきます。
途中コンポーネントを選ぶ場面があるのですが、自分が作りたいものに合わせてコンポーネントを入れましょう。
android用アプリを作るならAndroidBuildSupportを、webで公開するのであればWebGLBuildSupportを選んでおきましょう。

その後にインストール場所を決めたら、インストールが終わるまで待ちましょう。
最初にダウンロードしたファイルはあくまでダウンロードマネージャ単体のため、Unity本体となる部分はここで初めてダウンロードされます。7GBほどのファイルだと思われますので時間がかかると思われます。

始めてUnityを使う人はアカウントの登録も行うと思います。
自分は既にアカウントがあるためもうその画面を表示できないため割愛。
表示の通りに進めていけば特に詰まるところはないと思います。

一通りの設定が終わったら[+NEW]を押すことで新たなプロジェクトを作ることができます。
プロジェクトの名前と保存場所を自由に決め、[Create project]を押しましょう。

Hello, Unity world!!

Unityの画面を表示することができればインストールは成功です。
緑色の文字は私のグラフィックボードの設定ですので、気にしないでください。

次【ProjectとSceneの保存】