カテゴリの最新記事

音ゲー感のあるクッキーを作りたかった話

気になる音ゲー男子に手作りお菓子をプレゼント♥

先手必勝でライバルに差を付けちゃお☆

ヘーイ!みんなゲーセンデートは楽しんでるぅ?
え?愛しのカレを遠くから双眼鏡で眺めてるだけだって?
のんのん!そんなんじゃあっという間に他のコに盗られちゃうよ!
バレンタインはまだ先の話とか言わないで!!
剛速球で手作りお菓子を投げつけて青春を謳歌しよう!ウィーッス!!

 

 

用意する材料

P1060361
無塩バターor製菓用マーガリン……100g
小麦粉……230g
砂糖……120g
ココア……10g
たまご……1個

愛情は材料じゃない。

 

 

マーガリンと砂糖を混ぜ合わせる

P1060363

P1060371

まずはバターorマーガリンをレンジに入れて溶かそう!
その間に砂糖を120g計量しよう。
いっぺんに120gは乗らないから二回に分けて計って……

あっ

砂糖を切らしちゃった!!
120g必要なのに110gしか入れられなかったよ……
まぁ、分量なんてきっちり正確じゃなくて適当でもいいのよ!
これでもし文句を言われたら「だったらテメェも餡蜜しねーで全部きっちり打てよ!!」って言い返すといいゾ☆

P1060378
改めまして、砂糖110gを投入して混ぜ合わせます。
ぐるぐるぐるぐる……たいきけーん☆
ある程度とろとろになったら次へいこう!

 

 

たまごと小麦粉を入れる

P1060383
次は溶きたまごを入れます。
白身と黄身を分ける必要はないゾ。
たまごはアミノ酸スコア100で菓子作りにも使える半端ねぇ食材だ!
混ぜるときはいっぺんに入れないでちょっとずつ入れていくと混ぜやすいよ。

P1060392
次は小麦粉を220g用意します。
220gだよ。大事なことだからもう二回言うよ?
220gです、220gです。

用意した220gを混ぜ合わせます。

P1060397
本当は篩にかけた方がいいですが、まぁそのまま入れても問題ないでしょう。
GREATじゃなくたってコンボは繋がるんです。
ですからベストを尽くさなくても結果は出るはずです。
なんとなく混ざるまでぐるぐる☆します。

P1060401

P1060404

なんとなく混ざったら別の容器に分けます。

 

 

分けた片割れ 小麦粉追加投入

P1060406
片方の容器に小麦粉を10g追加します。
最初の準備で230g用意したのに、前項で220gしか入れなかったのはこのためですね。

P1060409
ツヤが出るまで捏ねたら完成!ツヤが違うハリが潤いが。

 

 

もう片方の種 ココア投入

P1060412
色の違うクッキーを作りたいため、片方はココアを入れて黒くします。
10gほど入れましょう。
バンホーテンじゃなくても安心だぜ。

P1060418
しかしなんだか色が薄い気がする。

P1060422
ので5g追加投入。
レシピ通りに作っていたら閃きは生まれないんだ。
それを形無しという。

P1060424
ツルテカ~になるまで捏ねればOK。

 

 

成形して焼く

P1060434

P1060437

生地をめん棒で伸ばします。
“綿”棒ではありません、麺です。ダイソーで買いました。
生地を伸ばしたら型抜きで抜きます。

が、

P1060438

P1060446

とあるキャラクターのクッキーを作りたかったのですが、それを作るには型抜きのサイズがあまりにも違います。
これでは作りたいものも作れないので、仕方がないので自分の手でこねこねします。

P1060440
丸い型抜きで抜いた白い生地に沿うように黒い生地を巻きます。
次に白い生地と黒い生地でそれぞれ三つずつ三角形を作ります。
その三角形を円の周辺にくっ付け……うわなんか来たぞおいやめ

P1060441

デッデッデッデッデ
デッデッデッデッデ
デッデッデッデッデ
デッデデ

P1060443

<(╹ヮ╹)> YO!

<(╹ヮ╹)> ッヘーイ! ッヘーイ! ッヘーイ! ッヘーイ! ッヘーイ! ッヘーイ!

<(╹ヮ╹)> ぴぴぴぴーぴぴぴぴーぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴー

ヘーイヘーイヘーイヘーイ
<(╹ヮ╹)>┌┛ Σ三┃┃┃┃ ┃┃┃┃
\BADBADBADBAD/

P1060449

<(╹ヮ╹)> NO!!!!!!!!!!!!!!!
\TEMPERATURE 170/
\MINUTE 15/

P1060457

<(╹ヮ╹)> FEEEEEVEEEEEEEER!!!!!!!!!

P1060473

<(╹ヮ╹)> ……

<(╹ヮ╹)> やっぱり型抜きを使わないと

<(╹ヮ╹)> 綺麗な形はできないYO!!

P1060479

変に形作らないで普通に焼いた方が綺麗に仕上がりますね。
Colorfulクッキー☆
というわけで灼熱くんクッキーを作りたかった話でした。

ちなみにこれを渡すような恋人なんて私にはいません。

はぁ……なんだこの記事のノリは……
昨日記事を書き直すってんで旧ブログを見ていたせいだな、きっと……