カテゴリの最新記事

美味しいゆで卵の茹で時間

ゆで卵は美味しいのだ

凝り固まった頭脳

子供の頃、ゆで卵の作り方は水から15分間茹でるものだと教わってきた。
確かに間違いではない。が、固ゆでなのだ。
別に固ゆで卵が嫌いなわけではない、ゆで卵であればなんであれ好きだ。
水から作るということで熱湯に触れる可能性も少ないし、安全ではある。
が、ムラがあるのだ。毎回毎回、出来栄えに結構なムラがある。
考えてみれば当たり前だ。最初の水の温度も違えば火力の違いで温まるスピードも違う。

P_20160728_161220

子供の頃から作ってきたから、という理由だけで頑なに水から15分間茹で続けてきた。
しかし、そろそろ違う意見も取り入れていくべきだ。
美味しいゆで卵を作るには一体どうすればいいのだろうか。

 

 

 

真髄は茹で時間にあり

水から茹でたのではムラができてしまう。
ムラなく茹でるにはどうすればいいのか……答えは簡単、沸騰した状態から茹でればいい。
これで温まるスピードはほぼ変わらなくなったので、あとは茹でる時間だけがモノを言う。
当たり前のことだが人によって好みの茹で加減は違うので、他者の意見を参考にするにしても、最終的には自分の好みのポイントを探し当てなければならない。
何度も茹で時間を変えつつ、自分の好みを探した結果……

P_20160728_161248
7分30秒。これが私のベストだ。
7分だと黄身がとろりとこぼれる時がある。半熟より固まっている方が好きなのだ。
だが8分では固まりすぎる。柔らかい方が好きなのだ。
7分半はベスト。申し分ない。最高だ。

 

茹でる

さぁ、茹で時間も決まったことだし実際に茹でてみるぞ。
でもこれ解説いるのか、ただ茹でるだけだから解説も何もないのではなかろうか。

P_20160728_161848

P_20160728_162638_1

水が沸騰したら卵を投入。
金網でもおたまでもなんでもいいから道具を使って入れれば、卵を投げ入れたときより割れる確率が下がるぞ。
7分半茹でたら即座に冷水で冷やす。
冷やして放置する際、あらかじめ卵にヒビを入れておくと殻を剥きやすくなる。ヒビから水が浸透していくんだとかなんだとか。

 

浸す

そのまま塩をかけて食べても美味しいが、ここは味付け卵を作ることにする。
と言っても凝ったモノは作らない。ただめんつゆに浸すだけである。

P_20160728_164626

P_20160728_164809

私は濃いめが好き。水は少なめに薄めよう。
卵の全身が浸かるぐらいにつゆを入れた方がいいが、容器の都合でこぼれやすいのでこの程度入れるに留めた。
一日浸しておけばそこそこつゆが浸透して美味しくいただけるであろう。

 

茹であがり確認

とはいえこれで記事を終わりにするのもなんであるので、茹であがりの確認でもしておこうかと思う。
包丁でスパッと。

P_20160728_165130

うーむ、悪くはないが、若干黄身が固まりすぎた気がする。もう少し柔らかい方が好みなのだ。
というわけで今回は失敗してしまった。
ゆで卵道は長く険しい。

 

参考:(個人的)完璧の茹であがり

参考までに、昔茹でたゆで卵の写真があったので載せておくことにする。
これもめんつゆに浸したものである。数日経っているのでバッチリ味が付いている。
箸でスパッと……いけない、グニュッと……。
見た目は汚いが食いかけというわけではない。上手く真っ二つに出来なかっただけだ。

P_20160616_195327

P_20160616_195358

これだよ、これぐらいの茹であがりが好きなんだよ。
うまうま。
やっぱりゆで卵は最高だぜ。

早めに頂きましょう

茹でた卵の消費期限がどんなもんだかはわかりませんが、お腹を傷めないように早めに頂きましょう。
私は毎回10個茹でるのですが、一食一個食うぐらいのペースで今のところ問題ありません。
とはいえ責任は取れませんが。
昔は卵は食べ過ぎると良くなく一日一個が良いとか言われていましたが、最近の説ではもっと食った方がいいとかなんとか。まぁその辺は各々が信頼する情報源を信用しましょう。

あと、日頃から”お米の炊き方”や”たまごの調査と考察”を行っている音ゲーマー諸君であれば周知の事実であると思いますが、生卵よりも加熱した卵の方が早く傷みます。
早めに食べましょう、早めに。