カテゴリの最新記事

自作PC パーツ選択で重要ではないけど大事なこと

今まで何台かのパソコンを組み立ててきたが、そのどれもに何かしらの不満を持っていた。
が、今回組み立てたパソコンは割と納得のいく出来になったので、今までの失敗を踏まえつつパーツの選びで大事なこと書きます。
とはいえそういうことは色んな人が詳細に解説していますので、この記事ではあまり触れられないけど個人的には大事に思うことを書いていきます。
勿論あくまで私自身の考えというだけなので、御自身の考えと反する部分があればその考えを優先して頂きたいです。自身が必要としているものがわかるのは自分自身だけですから……

#* 0 *#.アップグレード前提で考えないこと

自作PCの構成を考えるにあたってまず最初に考えることは、自身の必要とする性能を決めることです。
ゲームはしないし4K動画も見ないというのであればグラフィックボードは要りませんし、VRで遊びたいとなったらハイエンドなグラボが必要になると思います。
人によって当然用途は違うので狙いはロースペックでもハイスペックでも構いませんが
「最初は安く組んでおいて、お金に余裕ができたら良いパーツを買い足そう」
という考え方だけはやめた方がいいと思います。
お金がないから、とは言いますが、最初に微妙なグラボを買って後から付け足すのでは最初に買った分のお金が勿体ないです。
また、お金が溜まったから買い換えようとしたときにCPUソケットの規格が新しくなっていたりしたら、マザーボードごと買い換えるか旧規格の中から選ぶかしなくてはなりません。
最近のCPUは新しいソケットになっても大した性能向上は無いのでそこまで痛手ではないですが、精神的にはなんだか損した気分になってしまいます。
パーツのアップグレードはあくまで必要に迫られてから行うもの。アップグレードすることを前提で組むことはおすすめしません。

#* 1 *#.ケースは大事

安いケースでも然したる問題もなく使えることから、世間的にはケースなんて何でもいいと思われています。
実際自分もケースは割と何でもいいと思っています。”発熱量が大きくなりそうな構成+窒息ケース”などといったことをしなければ、ですが。
じゃあどうしてケースは大事なんて見出しを付けたかと言いますと、自分の部屋がとても狭いからです。
広い部屋であれば空いたスペースに設置するだけでいいのですが、狭い部屋であれば設置場所に気を遣わなくてはなりません。
キャスター台の上に乗るサイズかどうかなんてのは案外重要かもしれませんよ。
と、ここでは部屋の配置を考えたときのケースのことを書きましたが、それとは別にマザーボードのサイズ違いやパーツの干渉には当然気を付けてくださいね。色んなところで言われているのであえて書くことはしませんが。

#* 2 *#.ファンの数を考える

あまり発熱しない構成であれば気にしなくてもいいかもしれません。私はハイエンドパーツで揃えたので気にします。
空冷でよく冷えるようにしたいからケースファンをいっぱいつけよう……ちょっと待って下さい、そんなにファンを付けられますか?
マザーボードによってファンを付けられる個数は変わってきます。ファンコントローラを別途付ければ気にすることもないですが、わざわざ買うよりは買わずに済んだ方がいいはず。
勿論、自分で都度制御したいとか、見た目をかっこよくしたいとか、何か考えがあっての購入であれば止める理由は何もないのですが。
私の場合ファンコンを付けたくなく出来るだけ4pinファンで制御したかったため、Z170ProGamingとZ170-Aのどっちのマザーボードを買うかで悩んでいたのですが、4pinシャーシファンコネクタの数がZ170ProGamingでは3つ、Z170-Aでは4つでしたので、ファンを一つ多く付けられるZ170-Aを購入しました。

とりあえず今のところはこんなとこ

またあとで何か思い浮かんだ大事なことでもあれば、都度書き足していきたいと思います。