カテゴリの最新記事

魔が潜んでいたFF14オフ会

※トップ画面に置いとくのもアレな記事なんで、投稿日時古くして表示順変えてます

まーたブログ更新の期間がかなり空いてしまいました。
できることなら週1ぐらいで更新したいのですが、なかなか大変なものです。
というのも最近FF14に復帰して遊んでいるので……遊びが原因か!
4.0パッチから4.3パッチまで一気に進めましたが、とても良いシナリオでしたね。
新規追加された極蛮神も面白いですし、DD大好き人間なので4.35パッチでのアメノミハシラも楽しみです。

はい。
FF14に”復帰して”と書いているように、昔プレイしていたのですが、しばらく休止期間を挟んだ後に再度プレイするに至ったわけです。
休止した理由は人間関係。
しかし、うーん、人間関係と言うのも語弊があります。
なんて言えばいいんでしょうかね。
自分が迂闊だったのが一番の原因であることは確かです。

オフ会経験はこのFF14の集まりで三回目の経験となります。
二回目はリシューというカフェでToSのコラボをやっていた時のものですね。
記事もあります。
初めてのオフ会と、この二回目のオフ会はとても楽しく終わったので、私はたぶん、舞い上がっていたのでしょう。
世の中には変な人もいるということを忘れてしまったのは失態です。

まぁ……こうして晒そうとするあたり、私が一番の危険人物かもしれませんが……
“人間関係”を考えたらこんなことしない方がいいのですが、痛み分けみたいなものです。
そもそも発端は向こう。やられたらやり返す。
自分だけ人を攻撃しておいて、それで済む方がおかしいのです。

とはいえ私の落ち度も大きかったように思います。
私が言えた義理ではないのは百も承知です。
それでもどこかで吐き出しでもしないと、どうにも溜飲を下げることができませんでした。
その上で、読んでくださった方が私を反面教師にでもしてくだされば幸いです。
オフ会は楽しいものですが、一定のラインは引いておきましょう。

というわけで以下、
非常に攻撃的な文面や、読んでいて不快になるような文章が続きます。
気持ちのいいものではありませんので、気になる人だけ読んでください。
所詮は私自身の肥溜めに記す落書きです。

登場人物

私:この記事を書いている人
友氏:私のネット上の友達。会ったことはない
A氏:メイン登場人物。オフ会で会った人
B氏:A氏のご友人。話の本筋とは絡まない。今回会ってはいない

その他オフ会参加者:複数人いますが話の本筋には絡まないので割愛。変な確執に巻き込んでしまったので紛うことなく被害者。本当に申し訳ない……

年齢性別職業は、なんと珍しいことにオフ会参加者全員17歳JKでした。グウゼンダナーーー
ってことはないんですけど、ネット上で年齢や性別を出すことを私は忌避しているので、全員17歳JKだったということで話します。
というより本質的なところは、相手の年齢性別が何であっても問題ない言動・行動を心がけることが重要だと、私は思っています。
……まぁ、自分自身そんなこと言える立派な人物ではありませんが。

なお、私とA氏、あと二人の参加者が同FC所属、残りの参加者は別鯖の方と既に引退している方です。

オフ会に参加しなかったFCメンバーが大多数なので、ここでの出来事は私とA氏の個人的な問題です。FCに問題は一切ありません。

知り合うまでと、印象

A氏と友氏、両者私が出会ったのはToSから。
※未プレイ者向注釈 ToS:Tree of Savior。ネットゲームのタイトル

と言ってもこの頃はA氏とは大して話したこともなかった。知り合い、ぐらいの距離。
友氏に関しては別のギルドではあるものの、ちょくちょく話はしていた。
ワールドボスを倒しに行ったりやらなんやら、道端で出逢えばエモートぶんぶん振って遊ぶような、そんな間柄。
最終的にはリアル関連の話とかもするぐらいの仲にはなるけど直接会ったりとかはしてないし、リアルの話にしても深いところまでは話さない。自分にとってはちょうどいい距離感の方。
まぁ、それは後の話だし本筋には絡まない。

A氏と本格的に絡むようになったのはFF14を始めてから。友氏はFF14をプレイしていない。
私がTwitter上でFF14やろうかなーって呟いていたところ、同じサーバーにおいでよということで同サーバー同FCにお邪魔することに。
※注釈 FC:フリーカンパニー。ギルドのようなもの

A氏に対して最初に持った印象としては、面倒見の良い方だと思った。
私と同時期にFCに入った初心者が結構いるのだけれど、私含めてメインクエストのIDにはよく顔を出して頂けたし、進行時の解説は分かりやすく、ユーモアもある人であった。
※注釈 ID:インスタンスダンジョン。すごく大雑把に言うと複数人でダンジョンに入り最深部のボスを倒すとクリアになるコンテンツ

率直な感想としては、理想的な人物であった。

プレイスタイルは自分とは違うけど(自分はメインクエストも装備集めとかゆっくりプレイしたくて、A氏はマケで装備買ってメインクエスト進めちゃおうという方)、それは各々の考えの違いというだけ。

お互いTwitterをしているということでTwitter上でも絡みはあった。個人のみならずFCメンバーみんなTwitterをやっているので、みんなそれぞれ相互にフォローして色々呟いていた。
私はネット上の人格として17歳JKを名乗っているし、誰かを相手にするときも17歳JKとして扱っている。
これは(自分が名乗りたいだけという理由も大きいものの)私なりの相手への配慮で、全員を平等の人物として扱うことでリアルの身体を意識させないで過ごしたいという考え。
対してA氏は「誰々氏の性別はどっちだろう、たぶんこっちだろうか」と、相手がどういう人物かまず把握しておくようなタイプに思えた。
これは別に悪い意味(出会い厨とか)ではなく、相手の情報を知っておけばそれぞれ配慮のある対応ができる、という考えのもとの行動であると思う。
これも当時の率直な感想である。悪い意味で情報を収集しているようには思えなかった。当時は。

今ここに書いてあることを思い返してみると、私とA氏はただ考え方が合わなかっただけなのだろうと思う。

オフ会企画

そうしてしばらくFF14を楽しんでいる中、オフ会の話が出ることになる。

前回ToSオフ会に参加したメンバーがまたオフ会をしたいという呟きをして、それに乗っかる形で「オフ会やるかー」という流れになった。
どこに行くとかなんだとか、わちゃわちゃと場所・人数・日程調整をして、いつだかにオフ会をすることに決まったのである。
なお、私が主催のイベントということになった。

この時点でなら、私もA氏も以前のままの関係でいられた。
しかし、こじれる”タネ”が撒かれたのは間違いなくここであった。

オフ会に向けての調整をしている中、A氏がみんなで写真を撮りたいと言い出した。
まぁ、リアルで顔を合わせるんだし、実際写真撮る人だっているし、個人的に写真はNGだけど撮ること自体はなんら変なことではないだろう。
A氏自身も「撮っていい人だけ撮るから、嫌な人は伝えてくれ」と言っていた。
先に書いた”理想的な人物”であるよう、その辺の配慮も行き届いているようだ。
後に、それは思い違いであると知ったのだが。

そうして、特に疑問を持つこともなくオフ会開催日となるのであった。

オフ会当日・待ち合わせ中のTwitter

そうしてこうしてオフ会当日を迎える。
一足早くに待ち合わせ場所に着いたので、Twitterをポチポチしながらみんなの動向確認兼暇潰しに勤しむ。
ここで、Twitterでみんなのツイートを確認している中、段々と暗雲が立ち込めていくのであった。
いや、そう思っていたのは自分だけかもしれない。
結局は考え方の違いでしかないのだ。私が許容できないというだけで。

そして、肝心のツイート内容であるが……

A氏「B氏からみんなを盗撮してこいと言われているのだけれど、撮影NGな方はいるのかな」

ここでB氏初登場。
うん?なんだ?
私的利用ではなく誰かに写真を送るというのか?
A氏とB氏は知り合い同士のようだが、私はB氏のことはよくわからない。
そもそもB氏は今回オフ会に参加しない方である。
直接顔を合わせる人ならまだしも、どうして誰だか知らない人に写真を送られなければならないのか。
当人たちは良いだろう。だが私はB氏のことを知らないのだ。
こんなことをよりにもよってオフ会の当日に伝えるなんてどういうことなんだ。
前には”写真を撮りたい”ということしか聞いていなかったというのに。

ここで、私の友氏からTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)が飛んでくる。
※注釈 DM:当人同士でしか閲覧できないメッセージ
「わあああああああ」と飛んできた。文字通り。
オフ会参加しない人に写真を送られるなんておかしい、と。
絶対に撮影しちゃ駄目と言った方がいい、B氏に送らせるのは駄目だ、と。
オフ会するのならそういう人は呼ぶべきではない、後のことも考えて楽しむべき、と。

実際、私自身「お互いに顔合わせてるんだから写真ぐらい良いか」という前提で動いていたので、それが知らない人に送られるとなれば話は別である。

さて。
まもなく集合時間である。
私は頭の中がぐるぐるしていた。

オフ会当日に突然相談していないようなことを突きつけられて、どうしていいかわからなかった。
オフ会というものに浮かれすぎていたのだ、前回が楽しかったから。
今回も仲の良い人達と楽しく過ごして、それで終わるのだと思っていたのだ。

ここで自分のした選択が、一番の間違いだった。
写真撮影の許可など、各々が勝手に決めれば良いのだ。それだけの話だったのだ。
しかし私は「写真を撮らせるのは止めたほうがいいのではないか」と一部の参加者にDMで伝えた。
反応は様々だった。
返信はこなかったり、やっぱり撮るのはやめとこうかなと返ってきたり。
言い訳にもならないだろうが、このときの私は「主催者なのだから、いざこざのタネを作るわけにはいかない」という考えで行動していた。
結果としては、そのタネを撒いたのは私自身なのだが。
今思えばおこがましいにも程がある。
周りのみんなはそれを承知で写真撮影を許可しているのだから。
嫌なら私に言われずとも断っているだろう。

私のやったことは、ただみんなの仲に水を差しただけだった。

口論

友氏の発言はDMで留まったわけではなかった。
友氏は、A氏に向けてもリプライを投げていった。
※注釈 リプライ:DMと違い、利用者全員に見えるメッセージ

友氏「盗撮なんてするべきではない、オフ会の時間だけで楽しむべき」

それに対しては

A氏「普通に常識として存じているのでジョーク表現。みんなで撮った写真とかを個人的に送るのとかそもそも写りたくない人とかを事前に把握したい配慮」

なお、友氏はオフ会に参加しないメンバーである。

A氏の言い分もわからなくはない。
本当に盗撮する気なら事前に盗撮するとは言わないのだから。
まぁ先に書いた通り、それも後に思い違いだと知るのだが。
オフ会終わったあとにLINEで「マジレスで返されてちょっとムカついた」とも申していたな、そういえば。
後に書くけどマジで実行したのはお前の方だからな。

で、当時はどちらの言い分も真っ当に見えて、どうしたものかと悩んでいた。
今は友氏の言い分が正しいとは思うのだが。

ところで、私は友達ということでどうしても友氏のことを贔屓目に見てしまうが、客観的にはどう見えるのだろうか。
友氏とA氏はリプライをお互い投げあったことはあるだろうが、あまり深い関係ではないと感じる。
そんな中で横からこういったリプライを投げたら、友氏とA氏の仲はこじれるように思う。

仲がこじれてでもA氏の暴挙を止めたかった、と見るのは英雄視しすぎだろうか?
私が友氏の立場であったならば、DMで伝えはしても当人にリプライを投げつけるようなことはしなかったように思う。
自分に関係ないことで誰かに嫌われるのなんて、私は嫌だし。
だから、私には友氏の行動が勇敢なものに見えてしまうのだ。
主観が入りすぎてしまうので、私に友氏の行動の是非を問うことはできない。

ともあれ、何が起こったのかは次項で。

写真撮影

集合時間になり、メンバー全員が集まった。
撮影の話に関して、私は「17歳JKであり続けるために写真を撮られるわけにはいかない」というよくわからない理由で撮影を拒否した。
どうすれば角が立たないかを考えた結果がこれである。
場馴れしていないので上手い理由を付けることができなかった。
ただし「写真はNG」ということは繰り返し伝えた。
一回や二回ではなく、写真の話が出れば「私はNG」と言い続けた。
これだけは、大事なことなのでハッキリ言っておきます。

そうしてリアルのこと、ゲームのこと、色々と話し、色々お店を周りながら時間が過ぎていった。
楽しい時間だった。

最後以外は。

食事をしている最中、A氏に写真を撮られたのだ。

事前の通告なく。

これが盗撮でなく、なんだというのであろうか。

A氏、貴方は。
友氏の「盗撮なんてするべきではない」というリプライに対し、
「普通に常識として存じているのでジョーク表現」と返したはずだ。

ジョーク表現ではなく、正真正銘の盗撮である
撮影の可否を忘れていたという話では、断じてないだろう。
何度も撮影はしないでくれと伝えたのだから。
A氏は間違いなく、明確に盗撮するという意志のもと撮影した。
私にはそうとしか思えない。
とても強い憤りを感じた。

撮った写真をどう使うかが問題なのではない。
写真を撮らないでくれと再三言ったのを無視して盗撮してきたことに怒っている。

楽しかったオフ会は、人間不信にさせる何かに変貌した。

写真の削除

曲がりなりにも、最後を除けば楽しかったものである。
だから、その場では何も言わなかった。
LINEの交換はしていたので、オフ会が終わって解散してから写真を削除してくれと伝えた。
前々から写真はNGと言っていたのだから、最後に撮った写真は消してくれと。
多分消してくれたと思う。あんまり信じられないけど、そう思わないとやってられない。
何度もNGと伝えていた約束を破るような奴なのだ。信じられなくて当然だろう。

無事かどうかはわからないがともかくオフ会は終わった。

FF14、一時休止

私はこの一件以降、A氏の発言を見ると酷く動機が激しくなるようになってしまった。
というのも空リプで私を揶揄する発言が多いのだ。
※注釈 空リプ:独り言ではあるが、内容が特定の誰かに向けられているような発言
だから私はFF14を休止した。
とてもじゃないが今のメンタルでは続けられない。

考え過ぎか?
しかしあのオフ会の後では邪推もするというもの。
私もただ言われっぱなしではいられないので、もちろん自分の意見ぐらいは出す。
相手が空リプなのだからこちらも空リプで。

そしてしばらくした後のA氏の発言がこれだ。
「内容ぼかして俺のことを言ってるんだろうけど、やられてる側はわかるんだからな」
誰がやられてる側だって?
お前が先に仕掛けてきたことだろうが。

私はお前がやってきた分をそのまま返してるだけだ。
ま、オフ会以外のことで攻撃的なことを書いたような気もするけどー。
いずれにせよ、お互い同じことやってるんだから喧嘩両成敗になればこそ、一方的に被害者ぶるのはどうにも気に入らない。

他の発言はこういったものだ。
「まーそれぞれの立場でそれぞれの言い分や感情があるのかもしれんけどさ、俺だってそこまで暇でもないしでっかい人間でもないのよ」
ほーん、暇でもないのにオフ会に参加して写真撮っていくのか。
でっかい人間でないのはわかるけど私みたいなちっさな人間だって盗撮なんかしませんけどね。

「まぁ、もう頼まれてもあそこには行かねーな。無論そのほかの周りの人達を嫌になったわけではないけど…結局の所ワンセットだからね」
この発言のあとA氏はFF14を休止した。
あの。
その言葉、私の台詞だよ。
何被害者ぶってるわけ?

もう何もかもが胡散臭い。

さっさとブロックすればいいだろうが、もしも有る事無い事言われているようであれば弁明ぐらいはしたい。
そのために、見ざるを得ない。
幸か不幸か向こうからもブロックはされていない。ミュートかは知らん。

復帰

そうこうして半年か一年だか覚えてないが、とりあえず私はFF14の世界に戻ってきた。
こうしてこんな記事を書けるのも、メンタルがだいぶ回復してきた証拠である。
当時は本当に病んでいた。A氏がFF14を休止しているのを知ってなお、FF14にログインすることができなかったのだから。
世間はちょうど4.3パッチ。色々コンテンツが追加されるので、これを機に戻る人もいるであろう。
私といえばDD大好き人間なのでアメノミハシラを期待して戻ってきたのだけれど、今パッチではまだ追加されていない模様。

しかし、私が戻ってきたように、A氏もまた戻ってきたのだ。
お互いにリターナーのマークを付けて。

どうして時期が被ってしまったのだろうか。

A氏の言葉をそっくりそのまま返して、私だって「ほかの周りの人を嫌いになったわけではないけど、結局のところワンセット」なのだ。

サーバー移転も考えたが、サーバー移転するとどうやらDDのスコアが消えてしまうらしい。
ただの自慢だが、実は自データセンターのソロランキング上位に入っている身なのだ。別データセンター全体で見ると大したことはないけど。
こんなことで自分の記録が消えるなんて、癪だ。
それさえなければ移転したのに。

どこか過ごしやすいFCはないかなぁ。
いや、A氏がいなければ今のFCも過ごしやすいんですけどね。
A氏以外はみんな良い人。A氏も私以外に対しては良い人。
うん、みんな良い人だ。
私がA氏の名前見て胃を痛ませるのを我慢すればいいだけだな。
あー、どんな大義名分で脱退しようかな。

FCじゃなくてLSもいいですね。
あっちゃこっちゃコンテンツ走り回ってればきっとFCなんてどうでもよくなるでしょう。

この記事書いた時点で色々終わりなことはわかってるけど、わかった上で溜飲が下がらなかった。
私が一方的に悪く言われたまま終わるのなんて、悔しいに決まっている。
だから書いた。

最後に。
これは完全に、私からの視点で書いた文章です。私の都合の良いように書いています。
A氏側から見たら、逆に私がとんでもなくやべー奴に見えることでしょう。
実際Twitterにそういう風に書かれたし。
私もA氏も、どちらも同じだと思うのです。
向こうはそう思ってないとは思うけど、これも想像。
そっくりそのまま返してやりたいような相手の発言が多いので、お互い同じこと思ってるんだろうなぁって感じています。

ただし、再三言うように
私が何度も何度も何度も止めてくれと言ったことを実行(盗撮)したのは向こうだ
感情抜きの、紛れもない事実である。
「普通に常識」ってなんだったんでしょうね。
私の生きる世界の常識に盗撮OKなんて常識はありません。
当然私ゃー盗撮なんてしてませんよ
盗撮というか、写真に手が映るのすら嫌です、今回のオフ会で人体は一切撮っていません。
少なくとも、嫌がってる人を無理矢理やり込めるような真似なんぞしたことがありません。
さっきどちらも同じとか書いたけど、ここだけは明確に違うと言えます。

「誰もお前の顔なんて気にしねーよ自意識過剰過ぎ」(意訳)
そんなようなこと書かれたけど、写真が問題じゃないの。
何度も止めろと言ったことをやったのを問題にしているの。
わっかんねぇのかなぁ。

みなさん、私みたいにはならないように。
オフ会は楽しいけど怖いことも危ないこともあるので、注意しようね。何をきっかけにトラブルになるかはわからないので、注意しようがないかもしれませんが。